忍者ブログ
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

F1の模型を作るのが大好き!それだけさ~

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、たまには「F1模型屋」的な話題でいきましょうか
いつもそうしろ!って、お怒りはごもっともですが・・・

しかも、実は自社製品の宣伝だったりするわけで・・・

まあまあ、聞いてください。

今月発売された「F1modeling Vol.46」は既にお読みになられましたか?
弊社のコジマKE009に関する記事が5ページにわたり掲載されております!
石井師が作った完成品の画像と、高原さんのインタビュー記事が主な内容ですが、実はインタビューが行われた現場には私も同席させていただいておりました

もちろんインタビューが目的ですから、ミシマは隅でおとなしくしていたわけですが、多少はお話しに加わらせてもいただきました。キット開発の経緯や小島さんにお会いしたことなどを話すと、高原さんも楽しそうに聞いてくださいました。
キット開発中から思っていた疑問もぶつけてみました。F1modelingの72ページに高原さんがKE009のコクピットに収まっている写真が掲載されていますが、この画像は我々もキット開発段階から目にしていました。
この画像を見て、コクピット脇のダクト入り口付近のピンク色のラインが不自然な形になっていることに気がついていました。

この画像は、その不自然さが更に良く分かるカラー版です。綺麗にカットされているではなく、何か引きちぎったかのようになっているのが分かると思います。明らかにわざと引き剥がされていると思えます。
その後の調べでこれは予選のみで、決勝ではそうなっていないことが分かったので、デカールはまっすぐにピンクのラインを作りましたが、いったい何故、このような形に引き剥がされていたのかがとても気になっていました。
引き剥がされた部分は黒く見えますが、これはボディがむき出しになっているのか?でも、塗装面が見えているなら白いはずだし、よく見ると、透明なようにも思えます。透明ならば、P34などでも見られた「タイヤ確認窓」のかもしれない。そうだとしたら、高原さんが知っているはずだ、と思っていたので、写真を持参して聞いてみたわけです。

高原さんの答えは・・・

「憶えていない」でした。残念

この謎は永遠に解明されないかなあ。。。
どなたか、知っている人がいたら是非教えてください!気になって仕方がない・・・

PR
←No.853No.852No.851No.850No.849No.848No.847No.846No.845No.844No.843
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新記事
(05/15)
プロフィール
HN:
りょう@AMC
性別:
男性
職業:
模型居酒屋のオヤジ
趣味:
作ること
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析